オールドタイマークラスの飛行が開始されました。
これ位のお年になってもご夫婦で・・・・イイね!
雨の中、ビニールシートを捲りながらスケール機部門の機体審査がされています。
RCAW村上編集長も取材に
昼休みの時間帯にOK模型のセダクションSLのデモ飛行が始まります。
この直前にFAFのデモをやりました。画像は無いのね。
運転手はよーたん
OS70アルチメート搭載で軽量の機体と相俟って余裕パワー
スケールクラスの飛行が始まりました。
この方は?どこかで見覚えが
浜松ラジコンの柳本氏でした。
しかしエンジン不調で振るわず・・・・
変隊長とペインターは大好きなスケール機を前に話題が絶えないようです。
てらたんくまさん御入来!
今回は出場ではなく、冷やかし?
表彰式です。
各部門の入賞者にトロフィーと記念品が
大会受付嬢の竹内さん
モノコック胴体を採用し、FSよりさらに軽量高剛性になっています。
胴体モノコックは整形済の部材がパッケージされる予定だそうです。
上空に上がると実機と見間違うばかりのパイパーカブJ-3
FF-320ペガサスが搭載されていました。
小川精機の皆さん、KMAの皆さん、今回はお呼び下さりありがとうございました。
そして豪華な記念品までいただき、恐縮です。

今回参加させていただいたエアミート2003は、あいにくのお天気となってしまい少し残念でしたが、関係者はもとより参加者の熱意が伝わって来る素晴らしい大会だったと思います。
画像はありませんが、わがFAFチームも4機がすべて飛行出来ましたし、観客や参加者の方々から熱い声援をいただきました。
全員少し緊張していましたが、フライトを終えて役目を果たした満足感に浸れたように思います。
次回開催の時はエントラントとして参加したいと・・・・・・!