2003年10月1日
25号
今回は9月28日に兵庫県宝塚市エアキラー宝塚フライングフィールドにて開催されたエアキラー・オータムカップに行って来ました。
もちろん編集長ぶたたんも、ファンフライクラスに出場したんです!
当地には前日の27日に入り、伊丹に1泊しての参戦です。
前日27日は風が強く、とてもファンフライを飛行させるような天候ではなかったのですが、夕方になり風が穏やかになってきたので1回練習飛行をしました。
この宝塚フライングフィールドは飛行場の3方が崖?なので、風が吹くと乱気流が凄くファンフライにはとてもつらい場所なのです。
普段富士川で海風に慣れてしまっているぶたたんは四苦八苦でした!

当日の様子は、北西モデル大野さんのhpトーちゃんのhpにもアップされています。
素晴らしく整備された滑走路!
その向こうには工房とショップがあるクラブハウスです。
昨年来た時よりも内容は充実していました。
滑走路の脇に立つと、こんな景色が、山山山・・・
大型機でも騒音は気にせずに飛ばせます。
この左手には宝塚の町が眼下に広がっています。
朝から元気なカトちゃんです。
前日に食べたトドカレーの効果があったのか?
ファンフライミーティングの時と同様に、終日ビデオ撮影です。
ビデオが送られてくるのが楽しみです!
walter-peak-farmチーフの大野さんです。
午後から結婚式に出席のため、残念ながら飛行することなくお帰りに・・・・
大野さんのhp walter-peak-farm
これだけアクロ機、ファンフライが集まると壮観です!
このトレーラーで受付がされます。
樋口さんと大野さんが受付担当?
関西アクロの巨人!なかたんこと中田さん!
とにかく賑やかなお方です。
右はエアキラー専属メカニックの徳永さん。
チームエアキラー会長の林田氏。
終日司会進行とデモフライトで会場を涌かしていました。
エアキラーオーナーの新熊氏
見た目と違い、気さくで気使いを欠かさない人柄。
会場をくまなく回り、盛り上げていました。
規定演技の目慣らし飛行のために、イメージトレーニング中のトルクローラー小野氏!
秋めいて来たとは言え、日差しが痛い!
やはりテント下が快適!
ファンフライクラスに出場のカトちゃんです。
プチGeeBeeにOS32FX搭載、どうも改造がされているらしい。
詳しくは、カトちゃんのちょっとだけよを参照ください。
パワフルで高速の演技が続きます。
助手はエスティマさん、別名船井さん・・・あれ?
知らない人はいないでしょう!
F3D界のドン!中条氏です。
デカGeeBeeの翼端にリボンを付けて、スローアクロが連発!
いよいよぶたたんの出番です。
助手は中条さんがしてくれました。
写真はトーちゃんが送ってくれました!
ファンフライクラスの最中は風も穏やかでしたが・・。
演技中盤、だんだんエンジンが吹かなくなってきたのです。
あとで判明したのですが、タンクの錘が絡んでました〜(ToT)
この後、ハンドキャッチに挑戦するも、滑走路に・・・・・ドテッ!
やっちゃいました!
ファンフライクラスの審査員トルクローラー小野氏と北西モデル池田氏
東京からよーちゃんと一緒にみえた、黒田さんとお友達。
ファンフライクラスにGeeBee50で参加!