2003年8月28日  23号

今回のウィークリーマガジンは”日本無線航空会主催曲技飛行検定会”の富士川飛行場の様子をお送りします。

8月24日富士川飛行場にて毎年恒例になりました、第267回日本無線航空会主催曲技飛行検定会が開催されました。
8月17日の栃木県河内にて開催された検定会が天候の不順もあり 富士川に持ち越された方も多数あったようで、申し込み総数は100名を超えてしまい、その中でダブル・トリプルエントリーの方にはご遠慮いただきましたが、それでも70名あまりのエントリーとなりました。
競技は異例の8時前スタート! 天候は晴れ 久しぶりの夏日で今年の最高気温の中 ほぼ滑走路に正対した左からの風で地元としては強風ではなかったと思いました。皆さんのご協力で円滑に競技が進行されました。
今回もぶたたんは集計係でしたので、写真はあまり有りませんが、我がクラブのメンバーを中心にアルバムにしていきます。

開会式です。
この時点で7時40分です。
御大 村山理事長のご挨拶!
前後してますが、受付の様子です。
おっ!向こうに見えるはシナジー1号さんですね!
FAF お手伝い軍団です。
仙人のエクストラの翼をテーブル代わりに打ち合わせが・・・
この機体テーブルにもなるんだ (T_T)ノどっかん!どっかん!
久しぶりに登場の森君。
この後仕事に・・・・・かわいそ!
森君のカデット。
ど安定!
競技会初出場の笹岡君。

お盆休みの間の練習の成果が出るか?
競技を終えて、緊張から解き放たれた瞬間!
出来は良かったのかな?
見事!合格!
この日一番忙しかったタイムキーパー!
競技の流れはこの人に掛かってます!
打ち合わせにも余念がありません!
大木さん緊張のエンジンスタート!
プレマス合格!
ナベちゃんも合格!
会心の笑み!
糠谷さんも合格!
カメラを向けるとなぜか表情が硬くなるのね?
職業柄かしら?