3003年4月20日 18号
今回は、4月20日に行われた、恒例のフジエアロフレンズ春の飛行大会の模様です。
当日は朝から天気予報通りの雨模様でしたが、
17名もの好き者が集合し、予定されていた風船割とタイムラリーを緊急着陸競技に変更し決行されました。
緊急着陸競技とは、任意にて離陸し、上空約10m以上の高度でエンジンを停止し、着陸する。
滑走路中央に書かれた定点より着陸し停止した機体のスピンナー部分間での距離を計測します。
つまりエンジンを止めた定点着陸競技です。
ぶたが到着した7時半には、もうこれだけの人が来ていました。
雨よけのテントも設営完了!
桑ちゃんは準備完了! ヤナさんは朝食ネ!
おやっ!場違いなお方が?
悪徳不動産屋が登場!「ここらの土地はワイが買占めじゃ!」
河川敷は国有地だよ!
ここが指定点です。
競技開始!この頃から雨も強くなってきました。
昨年も木内さんが傘係だったような?
少し遠くに機体を持っていくと、霞の中に見えなくなりそうになります。
そのたびに、どよめきが・・・
ヤナさん、限りなく近い!
ペインター佐々木はムスタングで参加!
定点よりはるか遠く、それも土手にドテッ!
アーッ!翼端が・・・・(ToT)
コンナンなりました。
ガムテープで補修!