NO.7
2002年9月25日号
最近、ウィークリーマガジンが、マンスリーになっちゃってますけど、話題の少なさにめげず頑張りますよー!!

今回のウィークリーマガジンは、9月15日に河口湖にて行われた、水上機飛行会の様子と
9月22日兵庫県宝塚市のエアキラーフライングフィールドで開催された、エアキラー・サマーカップ2002のレポートで。お送りします

タイトルの写真は、浜中氏のマーキュリーの着水の瞬間!

いつもの民宿湖西にて前泊組です。
当然、飲むのが目的の4人です!しかし、チョッと寒い。
 
  
当日の朝も寒かったのにこの人だけは・・・・・・!

先陣を切ったのは谷さんのオリジナル飛行艇
しかし離水ではなく”急速潜航”??
この飛行機なんか勘違い?映画”Uボート”を彷彿?
当然、回収艇のお世話になります。
艇長は松永さん。カッコイー!!

気を取り直し、ふんわりふわふわ飛行。
そして、ふんわり着水。

松永さんは、ツインマリーナとオリジナル機を持参
いたって、快調!

左のおじさんは釣り人?ではなく、佐藤さんでした。
スタイルに拘るのねー!
 

佐藤機、離水できず!

おまけに、大作”紅のぶた”は操縦不能で大破!
操縦はぶたたんが担当してたけど、おいらに責任は無いぞー!
怨まんでくでー!

事故調査委員長の松永氏。なぜかとってもうれしそう!
沈まないわけだ。発泡の削りだし。
河口湖水上機飛行会2002
例年恒例の、河口湖水上機飛行会の様子です。
今年は天気予報が良くなかったせいか、参加者は非常に少なく、チョッと寂しい飛行会となりました。
天候は幸いに曇り時折太陽がのぞくマズマズの天候でした。風も穏やかで絶好の水面状態でした。
湖面をたった8人で独占!